夜間の専門学校が増えている

最近は専門学校の数が増えていますが、それに伴い夜間の学部も増えてきています。夜間の学部には、昼間の学部とは大きく違う点がいくつかあります。それによりメリットやデメリットが変わります。それぞれの特徴を比較していきます。

夜間と昼間学部の特徴を比較

昼間の学部

昼間の学部は、一日にこなす授業数が多いので、短期間で卒業することが可能です。また、同級生も多いので、友達などを作り学校生活を楽しみながら学ぶことが可能です。夜間に比べると少しだけ卒業に必要なお金が多いです。昼の長い時間学校に拘束されるので、夜の短い時間しか働くことができません。

夜間の学部

夜間の学部は、昼間が自由に使えるので、仕事や子育てをしながら通うことができます。昼間に比べて拘束時間も短いので、無理なく学べることが可能です。ですが、その分一日の授業数も少なくなるので、卒業にかかる期間が長くなってしまいます。授業料などは、安いので費用を抑えることも可能です。

製菓専門学校を夜間と昼間の学部で違いがあるのか比較

スイーツ

夜間の専門学校で学べる内容

昼間と夜間で学べることに変わりはありません。ただ、短期間で集中して勉強する昼間の方が検定などの合格率は高い傾向にあります。だからといって夜間の検定合格率が悪いということはありません。しっかりと勉強している人は合格しているので、本人のやる気次第でどうにでもなります。

スイーツ

豊富な学部

夜間の学部は、昼間に比べるとどうしても少ない傾向にあります。ですが、人気の高い飲食関係は、夜間の学部が豊富になっています。調理師免許の取得を目指すのはもちろんのことで、製菓など専門的な知識を付けることも可能です。

ケーキ

社会人におすすめ

転職をするためには、専門的な知識が必要となることが多いです。そのために、専門学校へ通って学ぶ社会人の方は意外に多いです。夜間の学部では、社会人の方が多いところもあるくらいです。やはり働きながら学校に通うというのは簡単なことではありません。ですが、自分のやりたい仕事をするために通っている方は多いです。

チョコレート

やる気次第で身に付く速度は変わる

なんとなく専門学校へすすんでいる人も中にはいます。ですが、そういう人と、本気で学びに来ている人では、知識や技能を吸収するスピードが全く違います。なので、夜間だからといって通うことを迷っている人がいるならば、迷わず通うことをおすすめします。

専門学校の夜間学部へ通っている方の口コミ

ケーキ

好きなことを学べる喜びを感じています

高校を卒業して特に夢ややりたい仕事が無かったので、地元の職場に就職しました。ですが、数年勤めているうちに、ほんとにやりたい職業を見つけることができました。そのために仕事と両立して専門学校へ通っています。自由な時間は減ってしまいましたが、その分好きなことを学んでいる楽しさを感じています。

転職するために資格を取りたい

違う業種へ転職する時には、やはり資格が大事になります。なので、資格を取りやすい専門学校へ通っています。昼間は仕事をして終わったら専門学校へ通うという生活を送っています。仕事の隙間時間などにも、資格の勉強をしているので、なんとか模擬試験では合格点を取れました。このまま合格へ向けて頑張っていきたいと思います。

広告募集中