バリスタのなり方

バリスタには多くの資格がありますが、バリスタになるだけならそういった資格は要りません。最近では、チェーン店のカフェが増えているので、バリスタになるための敷居は下がっています。カフェで働きながら技術を身に付けていく方法もありますが、バリスタスクールで十分な技術を学ぶこともできます。

【バリスタの技術を磨く方法】スクールと現場の比較

スクール

一人前のバリスタになるために必要な知識と技術を学びます。カフェが開いているスクールや専門学校のバリスタコースなどがあります。スクールによっては、資格の取得サポートもしてくれます。ですが、卒業するまでまとまった時間が必要になります。

現場

現場では働きながら実践を積んでいきます。また、コーヒーに関する知識も先輩バリスタから学ぶことができます。ですが、先輩の質などはお店によって大きく変わります。店舗運営が第一になるので、学ぶ時間はとても少なくなるでしょう。

バリスタスクールに通うメリットや資格について解説

コーヒー

バリスタの資格

バリスタになるために資格は必要ないですが、持っていたら働くときに有利になります。また、自分のスキルをアピールすることができます。日本には数多くのコーヒーに関する認定資格がありますが、バリスタに特化している資格は二つあります。ここから紹介していきます。

ホットコーヒー

JBA(日本バリスタ協会)ライセンス

JBAが主催しているライセンス試験は、レベル別に難易度が分かれています。レベル1~3となっており数字が大きくなると難易度が上がります。レベル1はバリスタに関する基礎的知識などが試されます。受験資格は、JBAが認定しているバリスタスクールに通っている、もしくわ現在バリスタとして働いているという条件になります。2日間に渡る座学や実習を受けてライセンス試験という流れで行われます。

コーヒー

コーヒーマイスター

日本スペシャリティコーヒー協会が行っているコーヒーマイスターという資格があります。この資格は、コーヒーに対する深い知識をや技術の習得を目的としております。養成講座テキストを自宅で行い、その後実技講習会を行い、認定試験を受けるという流れになっていますが、難易度が高いのですでにバリスタとしての知識がある方以外は受けない方がいいでしょう。

就職や転職に有利

紹介したふたつの資格は、すでにバリスタとして働いている人向けの資格になっているので、難易度が高くなっています。なので、持っていると転職や就職時に有利になること間違いないでしょう。

広告募集中