パティシエに向いている人

人気の職業であるパティシエは、毎年多くの人が目指しています。では、パティシエに向いている人はどんな人なのでしょうか?一番大事になるのは、情熱です。

製菓専門学校へ通うメリットや心構えを確認しよう

女性

情熱があればパティシエとして活躍できる

まず情熱がなければパティシエを長く続けていくことはできません。パティシエの修業期間は長く、とても厳しいと言われているので、情熱がないとすぐに諦めてしまうでしょう。また、お菓子作りはこれでいいやという妥協があると、伸びしろがとても少なくなってしまいます。

ホットコーヒー

完璧を求める気持ちが大事

情熱があると、自分が求めているものができるまで、何度でもリトライすることができます。修業が終わっても、妥協なき情熱を持っていれば、どんどんと腕が上達していくことは間違いないでしょう。お客さんにおいしいと喜んでもらうためには、自分自身が最も厳しい評論家になることが大事です。

お菓子作り

バリスタとの兼業も可能

カフェでは、コーヒーと軽食を楽しむことができますが、オーナーによってはスイーツ色を強くする人もいます。バリスタスクールなどで身に付けた知識と製菓専門学校で学んだ知識両方を活かすことができます。ここからは、専門学校へ通うメリットを見ていきましょう。

専門学校に通うメリット

カフェ
no.1

就職に有利

大学卒業生よりも、高い就職率となっているのが専門学校卒業生です。企業は即戦力を求めているので、専門学校で知識や技術を身に付けていると、入社後すぐに第一線で活躍することが期待できます。つまり企業の要望に応えることが可能ということになります。

no.2

資格が取れる

資格の取得をカリキュラムのひとつとして取り入れているので、独学で勉強するよりも取得しやすい環境が揃っているといえます。なので、資格の合格率も高くなっています。資格は一生役に立つものになるので、専門的なものであっても積極的に取っていきましょう。

no.3

講師が実際に働いた経験がある

専門学校にはたくさんの講師がいますが、その中には、実際に業界の第一線で活躍していた人もいます。ほんとの現場の声を聴けるというのは、とても貴重な経験になります。実際に就職してから、想像していた職場と違っていたというギャップもなくなるという利点があります。

no.4

設備が充実している

実務に近いことを学べる専門学校は、専門的な機械が取り入れられていることが多いです。なので、実践に近いような環境が整っているということになります。設備を触りながら学べるのは、専門学校くらいになるでしょう。

no.5

昼間働きながら通える

専門学校には、夜間のコースが充実しているので、昼間に働きながらでも専門学校で学ぶことが可能になります。働きながら転職を考えている人にとっては、夜間に通えることはとても助かることです。なので、社会人の方も多く利用しています。

まとめ

製菓専門学校では、製菓に関する仕事に携わるための知識や技術を身に付けることが可能です。また、実習なども豊富に行われているので、実践的なスキルを磨くこともできます。いち早く芽を出したい方は、専門学校へ通いましょう。

[PR]
バリスタのスクールに通う
簡単に申し込みができる

[PR]
パティシエ専門学校に通う
プロからしっかりとした技術を習う

広告募集中